デザインにより、
製品に「楽しさ」を加える

田窪工業所で働く人々 田窪工業所で働く人々

開発部 勤務歴3年

私は商品開発本部で、商品のパッケージやカタログの表紙といった販促物のデザインをしています。
最近では、物置の扉に意匠を施した「Peinte(ペインタ)」というシリーズのデザインを担当しました。

デザインの仕事ですが、担当者がそれぞれ好き勝手につくっているわけではありません。まずは案を出し合って、どのような方針にするか全体像を決めてから、実際の製品に向けたデザインを詰めていきます。
万人に受けるデザインが理想ですが、やはり皆さんが良いと感じるものは多種多様で、また漠然としています。そのため、例えば「和風な家に合うもの」や「アウトドアが好きな人向け」などのコンセプトを考えて、それからデザインに落とし込んでいきます。

田窪工業所で働く人々

ただ、自分たちが良いと思っても、使用されるお客様が良いと思わなければ、それは良いデザインとは言えません。技術だけではない、感覚的な難しさも感じています。
デザインをつくるのは簡単ではなく、苦労もあります。でも、なんといっても自分が考えて、手掛けたものが世の中に出るというのは、喜びもひとしおですね。

Peinteの製品は、物置の扉にインクジェット塗装でデザインを施しています。これは他社商品にはない特徴だと思います。見た目の良さだけでなく、耐久性があり、色の劣化も少なく、実用性も抜群です。

通常の物置でもカラーバリエーションが多く、当社製品の色合いには好評をいただいていますが、この塗装技術を使って人気のキャラクターとコラボした時には、お客様から多くのお問い合わせをいただきました。
自由にデザインを行い鮮やかな意匠を凝らし、製品に「楽しさ」を加えることができるのは、当社の塗装技術があってのものであり、自慢の一つです。

田窪工業所で働く人々

私は子どもの頃から絵やデザインに関心がありましたので、自分のつくったものが商品として形になり、皆さんに楽しい気分になってもらえるのは、とてもうれしいですね。
当社の物置に興味を持っていただいた方から、デザインに関するお問い合わせをいただくこともあります。いつかPeinteの塗装技術を使って、受注生産のようなこともできたらいいなと考えています。

また最近は動画にも興味があります。今のところ社内に動画制作を専門として担当する人がいませんので、将来的には自社で動画を作成できるように、映像制作の勉強にも力を入れていきたいです。

仕事紹介Movie「デザイナー」篇はこちらから! → Movie | 田窪工業所企業サイト