田窪工業所のビジョン

進取の気概と熱い気持ちで
便利で豊かな生活の創造に
挑戦し続ける

代表取締役社長 黒田 祐弘

便利を求めて

田窪工業所は1946年、愛媛県今治市で創業いたしました。当時は終戦後まもなくということもあり、人々の生活は想像以上に厳しい状況にありました。その人々の生活を少しでも便利に、快適にしたいと考えたことが田窪工業所の始まりです。
今治市がタオルの産地であったことから、台所やお風呂場でタオルを使いやすくするために「タオル掛け」があれば便利ではないか、そういう身近なところから「便利」をしっかり考えていきました。そして時代とともに、衣・食・住と生活が向上し、家庭は過ごすための生活空間から、楽しい生活空間へと進化していきます。

便利を求めて

“Enjoy Family Life”への思い

家族の笑顔や楽しさのあふれる”Enjoy Family Life”の実現を目的に、屋内の家庭用品事業、屋外のエクステリア事業の二つの領域で、主力製品である収納用品の開発と提案を行っています。海外においてはヨーロッパやアジアの国々に展開し、世界の人々に”Enjoy Family Life”を提案しています。
お客様の必要、不便、要求などの声を聴き、様々に変化する世の中の状況を先読みして、商品のアイデアを創出しています。常に生活者や社会の思いに心を寄せることが大切です。この心を持ち続けて常に新しいものに取り組み、工夫し、行動することが、創業者から先輩方そして私たちに伝承され、創業以来培った社風になっています。

Enjoy Family Lifeへの思い

社会への貢献と社員の生活向上

社会を思いやる気持ちは、環境問題の改善を心から望み、様々な形で社会への貢献を行うという私たちのサステナビリティの取り組みへとつながっています。
社会への貢献という奉仕の精神に満ちた活動は、会社そして社員の心を広く豊かなものにします。しかし、会社も社員も経済的に窮していれば心を広く、豊かにはできません。生活の向上を目指す企業として、社員の生活もより向上させるよう、経済的にも高い水準を目指しています。

ともに働く仲間へ

社員は自社ブランドで社会に貢献したい、お客様の便利に役立ちたいと、心からの思いを込めて、また誇りをもって開発し、製造し、販売しています。このように進取の気概を持ち、熱い気持ちを持った社員が活躍する会社です。
私たちの目指す「便利で豊かな生活の創造」に完成はありません。挑戦すること、挑戦し続けることが大切です。夢に対し、決してあきらめない強い情熱が時代を開きます。一緒に挑戦しませんか。そして、田窪工業所をより高いグローバルなレベルに導いていきましょう。社会と自分自身を大切にし、向上心にあふれた皆さんとの出会いを楽しみにしています。

  • ともに働く仲間へ
  • ともに働く仲間へ