設備

  • パンチング・シャーリング複合機

    パンチング・シャーリング複合機

    S4パンチング・シャーリング複合機は材料(スケッチ材)から一次加工(穴あけ・切り欠き・バーリング・切断)を行います。従来では複数のマシンを経由していた工程を一台に集約し、短時間での生産を可能としたシステムです。
    また、高速15段タワーの材料供給装置を用いて、省人化及び自動運転による無人稼働を可能としています。金型ユニットには64面の金型を配備し、金型交換の段取り時間を大幅に短縮しています。

  • ファイバーレーザー加工機

    ファイバーレーザー加工機

    ファイバーレーザー加工機は、材料(スケッチ材)の一次加工(穴あけ・切り欠き・切断)を行います。発振器から発生したレーザー光を照射し、製品形状に加工します。材料切断装置用の金型が必要なく、プログラム変更だけで加工変更が可能です。
    従来は新製品開発において、部品形状の試作と検証に大きな労力と多くの時間を費やしていましたが、ファイバーレーザー加工機の導入により、試作時の仕様変更や組み立てテストを簡単に実施できるようになりました。
    また、ファイバーレーザー加工機は、従来のCO2レーザー加工機と比べて高効率で、電力使用量の削減、加工スピードの向上、メンテナンス費用の削減が可能な設備です。

  • パンチコイル

    パンチコイル

    パンチコイルラインは、コイル材から一次加工(穴あけ・切り欠き・バーリング・切断)を行います。コイル材料の巻き癖を矯正し、送り寸法をコンピューター制御して採寸すると同時に、自動プレスで穴あけ・切り欠き・バーリング・切断までの一連の作業を繰り返し行うことのできる設備です。
    切板に比べ安価といわれているコイル材を用いて、大量生産に特化した順送型を装備し、部材ごとのプレス加工を完成形に仕上げる能力を持つ、大量生産向きの設備です。物置・収納庫の製品加工を、短時間で高精度・高効率に行うことが可能です。
    また、自動運転機能を有した設備で、夜間無人自動運転終了後は主電源を自動オフする機能等を搭載しており、省エネ、省人化にも大きく寄与しています。

  • プレスブレーキ

    プレスブレーキ

    プレスブレーキは、一次加工を終えた平板に曲げ加工を施して、製品形状へと成形させる二次加工設備です。上下に配備した金型で平板を加圧して、直角・鋭角・R曲げ・ヘミングなど各種の曲げ加工を行います。製品の様々な曲げ形状・寸法に合わせ金型交換を行いながら、NC制御(数値制御)による高精度の曲げ形状を成形する設備です。
    曲げ角度及び寸法は、目視確認が不可能な1/10ミリ単位の微調整を可能としており、非常に高い加工精度で、製品の信頼性の向上に寄与しています。
    また、レーザー式安全装置を装備しており、作業者の安全にも配慮した生産設備です。

  • インクジェット装置

    インクジェット装置

    当社のインクジェット装置は、物置業界で初めて導入されました。家庭用のプリンターと同様に、パソコン上でデザインした絵柄をプリントする印刷機械です。
    インクを着弾させると同時にUVランプを照射し、インクを硬化します。インクは紫外線劣化に強い無機インクを採用しており、色あせにくい商品を展開しています。
    当社のデザインチームが生み出した絵柄を物置や収納庫に展開し、意匠性の高い商品を創造することができます。芸術と物置を融合させ、新しい価値を生むことができる生産設備です。

  • 塗装設備

    塗装設備

    物置・収納庫などは一般的に屋外で使用される商品です。商品の耐候性や防錆機能を高めるとともに、意匠を与える三次加工として、塗装を施しています。
    当社の採用している粉体塗料は、揮発性有機化合物を含んでおらず、地球環境と人体に優しい塗料です。また、耐食性や耐薬品性などに優れた、強靭な塗膜性能も有しています。
    塗装設備は自動化が進んだことで、作業管理や品質管理が容易になりました。塗装技術の向上や高性能な塗料開発を追い風に、当社では地球環境に配慮し、塗装にかかるエネルギーの一層の効率化に取り組んでいます。

  • シュリンク包装機

    シュリンク包装機

    塗装工程で完成した商品に部品や緩衝材などを取り付けた後、四次工程としてシュリンク(熱収縮)フィルムで包装を行います。以前は段ボールで包装していましたが、シュリンクフィルムによる包装に転換したことで、未開封である証明となり品質の維持に役立つと同時に、緩衝材と副資材の削減を実現しました。
    生産の少量多品種が定着している中で、短時間の段取替えに対応できる体制を確立しています。また、物置と収納庫の包装ラインは、塗装工程から製品をダイレクトに供給しています。これらの生産体制により、商品は塗装完成後すぐに包装され、鮮度の高い状態を保ったまま、お客様にお届けすることが可能となっています。